【大阪編】デートスポットが無料でよく紹介されてるのはここ

大阪のデートスポットの中には
無料で楽しめる場所も少なくありません。

その土地、都会ならではのスポットを
いくつかピックアップして紹介します。

最後にはちょっとというか
かなりお得な方法も書いていますので
是非参考にしてみてください。

定番のデートスポット

大都会ならではの近代的な
体験ができる施設が多いですが
意外に自然が多かったりもします。

すべてを紹介することはできないほど
無料でも楽しめるところが多いです。

大阪城公園

大阪で無料のデートスポットは?
と府民に聞いたらおそらく
トップクラスに躍り出るのは
まず間違いないでしょう。

東京ドーム23個分という
広大な敷地面積を誇ります。

それだけでも魅力的な
緑あふれる公園なのですが
実は施設も充実しています。

大阪城天守閣をはじめ
歴史的建造物を改装したミライザ大阪城、
ショッピングモールのジョーテラス大阪、

ミュージカルやコンサートが開催できる
クールジャパンパーク大阪、

など見どころが多いです。

有料施設も多いですが
ウィンドウショッピングなど
お金をかけなくても
十分楽しむことができるでしょう。

ちなみに結婚式場もあるので
近未来を想像しながらの
デートもまた一興です。

箕面の滝(みのおのたき)

大阪城公園と並んで
観光ガイドブックに
必ず載ってそうな滝です。

箕面公園内にある滝で
落差33メートルもあります。

日本の滝100選にもなっており
全国的にも有名だと思います。

売店で買えるもみじの天ぷらは
名物となっています。

デートスポットというより
観光地といった色合いが強いです。

アクセスは良いと言われますが
大阪市内から少し距離があるので
車がないと不便かもしれません。
(車だと市内から30分ほど)

ほしだ園地の星のブランコ

正式名称は大阪府民の森・ほしだ園地。

こちらも敷地面積が東京ドーム22個分と
大阪城公園とほぼ同じ広さがあります。

目玉の星のブランコは
公園にあるようなブランコではなく、
巨大な吊橋のこと。

全長が280メートルあり、
地上50メートルの高さがあり
日本最大級の規模です。

ちなみにほしだ園地は交野市にあり、

交野市から枚方市に広がる交野が原は
七夕伝説発祥の地と言われています。

そのため星にまつわる地名が
あちこちに見られてるということで
とてもロマンチックな地域なのです。

カップルが自然と惹かれるのも
納得できますね。

五月山動物園

入園無料の珍しい動物園で
ウォンバットやワラビーなど
他ではほとんど見られない
動物がいるのが特徴です。

動物園で入園無料は
全国的にかなり珍しいので
今回の記事のテーマに
すごく相性が良いです。

動物園以外にもプールや
植物園などの施設もあり
ここだけでほぼ1日中楽しめそうです。

砂浜

都会だと海のことは
忘れがちになると思いますが
実はおすすめのスポットがあります。

りんくう公園のマーブルビーチや
淡輪ときめきビーチです。

マーブルビーチは大理石の玉石を
敷き詰めた真っ白な人工砂浜です。

夕日がとても綺麗なことで知られ
恋人と一緒に見るとまた格別。

ときめきビーチは海水浴場でもあり
潮干狩りスポットでもあります。

森もいいですが海もほんとおすすめです。

住吉大社

大阪のデートスポットといえば
住吉大社も外せません。

大阪では1、2を争うほど
初詣に訪れる人の数が多い神社です。

縁結びや夫婦円満のご利益があるので
地味にカップルにも人気があります。

工場見学系

これぞ大都市ならではの
デートスポットです。

博物館や美術館と違って
無料で体験できるのが基本で
なかなか太っ腹です。

悪天候時のデートには
ぴったりかと思います。

カップヌードルミュージアム

カップヌードルが
壁一面に並んでいる光景が印象的。

カップヌードルの歴史を知れたり
オリジナルのカップヌードルを
作れることで有名です。

さすがにマイカップヌードルは
無料ではなく有料ですが、

それでも300円程度なので
どうせなら作ったほうが
思い出づくりになって良いと思います。

アサヒビール吹田工場

カップヌードルミュージアムと並んで
よく紹介される工場です。

無料体験の後は試飲ができるので
おそらくそれ目当てで
来る人が多いような気がします。

ちなみに試飲といっても
小さな紙コップではなく
大きなコップで3杯まで飲めます。

もちろん試飲するなら車はご法度ですが
吹田駅から歩いて10分と
アクセスはいいので問題ないでしょう。

大阪市環境局舞洲工場

見た目のインパクトが強い工場。

一見テーマパークのような
派手な外観ですが中はゴミ処理場です。

ごみ処理から発電の仕組みなどが
見て学べるようになっています。

10日前までに予約する必要があり
少々面倒ですがたまには
変わった体験も悪くないです。

他にもサントリー山崎蒸溜所、
大阪科学技術館、コナモンミュージアムなど
雨でも楽しめるところは多いです。

無料だけど我慢が必要なスポット

大阪には魅力的なお店が並ぶ
巨大なスポットがたくさんあります。

自然系のデートスポットと違い
誘惑がたくさんあるので、
ある程度の覚悟は必要かもしれません。

その代表例をいくつか紹介します。

グランフロント大阪

大阪の顔のような存在感がある
巨大商業施設です。

200を優に超える数のショップがあり
年間を通してイベントも開催されています。

その中のパナソニックセンターは
無料で本が読めたりカフェがあったり
いろいろ寛げることで有名。

以前は家電の紹介がメインでしたが
現在はキッチンやリビングなど
住宅の総合ショールームという感じです。

あべのハルカス

ビルと近鉄百貨店などが合体した
巨大な複合商業施設です。

開業5年で2億人以上が訪れており
すっかり大阪のランドマークです。

周辺には天王寺の商店街もあったりと
展望台に登らなくても
十分楽しむことができます。

なんばパークス

なんば駅直結の複合施設で
波打った感じの外壁が印象的です。

緑化にも力を入れていおり
屋上に公園があるのも特徴。

ここだけで200以上のショップがあり
映画館もあるということで
1日中いても飽きないと思います。

空港

近年はショッピングモール化しており
マニアも出現するほどの
人気スポットになった空港。

デートスポットとしては
飛行機が見える展望台がよく紹介されます。

関西国試空港スカイビューと
伊丹空港ラ・ソーラです。

ただ全体的に面白い施設ですので
くまなく散策するのもおすすめです。

・盲点になっているおすすめデート方法

ご覧のように無料で楽しめる
デートスポットは大阪だけでも
数え切れないほどあります。

しかし、大前提として
押さえておいてほしいのは
完全無料は無理ということ。

なぜなら交通費がかかるからです。

車もガソリンを消費するので
給油せずに済んだとしても
その日にかからなかっただけのこと。

もし全くお金をかけたくないのであれば
近所の公園や川周辺のお散歩デートか、
自転車を使うしかありません。

それはそれで悪くないですが
行動範囲が狭まってしまうのは
どこか寂しいものです。

そう考えると最もお得なのは
周遊パスかもしれません。

特定の交通機関が乗り放題になるだけでなく
有料の施設が無料で使えるようになる
特典がついています。

意外と知らない地元住民は
多いかもしれません。

ついでに取って付けたような
おまけ程度の特典ではなく
お得感がすごいです。

例えば夜景スポットとして人気の
梅田スカイビルに無料で入れます。

通常なら1500円もかかります。

道頓堀ZAZA Boxや
大阪ワンダークルーズなんかは
1800円もしますが
それらも無料なのがすごいところ。

他にも定番の大阪城天守閣や
各種博物館・美術館、通天閣などなど
50以上の有料施設が利用できます。

無料の施設だとどうしても
スマホアプリみたいに
遊びの幅が狭い傾向にありますが、

有料施設だと存分に
満喫できるところが多いです。

どうせ交通費をかけて
いろいろ行きたいのなら、
周遊パスは非常におすすめです。

周遊パスでデートをする場合は
なるべく朝早くからにしましょう。

そうでないとあまり周ることができず
お得感が減ってしまうからです。

まとめ

無料のデートスポットは
大阪にはごまんとあり、
マンネリの心配はないといえます。

ただ、完全に0円は難しく
アクセスが悪かったりすると
交通費も時間もけっこうかかる。

どうせ交通費がかかるなら
有料施設も無料で楽しむことができる
大阪周遊パスも大いにあり。

紹介したスポット以外にも
まだまだたくさんあるので
是非ご自身でも調べてみてください。